ホーム

米国大学と日本の大学との違い

学習環境

専攻

日本の多くの大学は入学時にどの学部へ入学したいかを決めなければいけません。したがって、高校生の時点で「自分はこのようなことが勉強したい」と思っていたにもかかわらず、実際入学してみて、別のことが勉強してみたいと思ってもなかなか進路の変更はできません。もちろん学部を移ることは可能ですが、そうしたことを想定していない教育システムになっているので、その手続きは煩雑です。

一方、アメリカの大学だと入ってから教養を学び、さまざまな授業を取りながら自分に合った専攻を選ぶことができます。専攻の種類も多数あり、自分が学んでみたいと思うものを探しやすい環境にあります。更にアメリカの大学では専攻以外の授業も自由に履修でき、将来役に立つ幅広い知識や常識を身につけることができます。日本ではあまりケースとして多くない、「ダブル・メジャー」(複数の専門分野で学位を取得する)ことも可能です。

授業スタイル

日本の大学によくあるような大教室での講義というスタイルよりも少人数制のクラスが多く、教授がていねいに個人個人の面倒をみてくれるケースが多いのも米国の大学の特徴です。学校によりますが、一人の学生に対する教員は、日本の学校に比べると相当低く、学生にとっては、教授から直接さまざまなことを学べる機会が与えられています。米国では教授は、学部教育にも力を入れており、研究だけに興味があり授業をおろそかにしている教授はマイナーです。

単位の取得

卒業は単位制で、卒業時までに必要な単位の数や種類をとれば、3年かけても5年かけても卒業可能です。その分、必要ならば一学期間海外で留学を経験するなど、自由な計画をたてることができます。

生活

基本的に米国では、大学に入学した時点で一人前の大人とみなされます。日本でよくある「自宅通学」という概念はそもそもありません。したがって米国人でも皆、寮に住んで勉強することになります。多くの大学では寮生活を通して教室外でもさまざまなことを学ぶことができます。キャンパス内にある寮に住んでいる場合、学内のさまざまな課外活動に時間を費やすことができます。
米国の大学には世界中の国の優秀な学生が集まっており、世界中の人々の考え方や習慣について身近に学ぶことができます。こうした体験や友人ネットワークは将来世界に出たときに役に立つでしょう。
世界の著名人が大学に来て学生に話すという機会が多々あります。知的好奇心をそそられる機会はふんだんにあります。

合否

ほとんどの日本の大学は入学試験だけで合否を判断されます。一方米国の大学では統一テストの成績以外に高校での成績や活動、エッセイの内容、インタビューの内容などによって総合的に合否が判断されます。勉強の成績が一番いい学生を必ずとっているわけではなく、将来活躍しそうだとか、その人の個性が大学をより良い環境にするなどと思われる学生をとる傾向があります。

日本の大学のような成績による「偏差値」のような数値はありません。それぞれの大学に数字では比べられない個性があり、自分にあった大学を見つけることが重要なのです。

▲ このページの先頭へ

KRMが考えるリーダー

米国進学のススメ